マイホーム

マイホームを購入する前に、どんな暮らしをしたいか具体的に考えてみよう

マイホームの計画を立て始めたものの、どのような家が良いのか迷ってしまう方は非常に多いかと思いますが、マイホーム計画を始める上で非常に重要となるのが、理想とする暮らしの具体的なイメージを固めることが重要です。

闇雲に理想のマイホームを追い求めても夢が膨らむばかりで、なかなか計画が前進しないため、まずは理想の暮らしをリスト化してみましょう。
例えば、都心から近い場所で暮らしたい、子育てがしやすい郊外で暮らしたい、通勤時間を1時間以内にしたい、日当たりがよい家に住みたい、芝生がある庭が欲しい、夜景がきれいな家に住みたい、家事を楽にしたいといったように理想を列挙してみてください。最初は抽象的で大まかなイメージで構わないので、まずは家族全員で思いつくままに希望を挙げていくことが大切です。

理想の暮らしをリストアップすることで、家族全員が暮らしやすいマイホームの条件が見えてきますが、もし理想の暮らしをイメージしにくい場合は日々の暮らしを振り返ってみましょう。例えば、家族全員の通勤や通学時間を振り返ってみるだけでも、マイホームに対する要望が見えてくるはずです。
家族が家を出る時間が重なっているのであれば、トイレや洗面台を2か所にするなどの工夫をすれば、朝の忙しい時間をストレスなく過ごせるでしょう。また、職場や学校から遠いエリアに住むのは現実的ではないはずです。
加えて、現在の住まいに対する不満をピックアップするのも有効です。夏に暑く冬は寒い、日当たりが悪い、収納が少ない、キッチンの使い勝手が悪いといった不満を解消できる家は、まさに理想のマイホームとも言えるでしょう。

理想の暮らしをリスト化できたら、次に各項目に優先順位をつけてみてください。無理に順位をつける必要はなく、絶対に譲れない項目と、できたら叶えたい項目に分ける程度でも構いませんが、優先順位の上位にある項目がマイホーム探しの基準となります。
また、理想の暮らしをリスト化しただけでは、各項目が抽象的なままの可能性が高いため、次は各項目を家の条件に変換していきましょう。例えば、日当たりのよさを重視するのであれば南向きの家が良いでしょうし、日々の家事を楽にしたいのであれば家事動線がシンプルな間取り、冬に暖かい家であれば断熱性や気密性に優れた家といった具合です。

このような手順で理想の暮らしのイメージをリスト化し、住宅の条件へと変換していけば、理想のマイホームを具体化させることができ、スムーズにマイホーム計画を進めることが可能になってくるでしょう。

関連記事
noimg
初めてのマイホームだけど、予算オーバーにならないための方法

マイホームを注文住宅で建てたいという方は非常に多いかと思いますが、注文住宅は自分たちの希望を取り入れやすいため、様々な希望を詰め込みがちです

記事を読む

注文住宅
注文住宅で購入する時に注意しておきたい点

注文住宅は一生に一度の高額な買い物であるため、様々な点に注意しながら計画を進めていく必要があります。 特に重要となるのは依頼する住宅会社選

記事を読む

noimg
購入した注文住宅が欠陥だらけ!なんてことにならないためのチェック方法

夢のマイホームを注文住宅で建てたものの、実際に住み始めてみたら欠陥住宅だったというケースは決して珍しくありません。一生に一度の大きな買い物だ

記事を読む

noimg
マイホームを購入したら確定申告の準備をしよう

住宅を購入した際に一定の条件を満たしていた場合、住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)と認定住宅新築等特別税額控除という税金が軽減される2つ

記事を読む

noimg
注文住宅で失敗した実例を紹介します。

注文住宅は、自分たちの希望を取り入れやすいのが最大の魅力ですが、建売住宅のように完成した家を見てから購入することができないため、完成後に後悔

記事を読む

noimg
建売住宅と注文住宅の違いは?どちらを選ぶのが正解か

一戸建て住宅は、大きく建売住宅と注文住宅の2種類に分けられます。 建売住宅とは、土地と建物がセットで売られているタイプの住宅です。一方の注

記事を読む

家
注文住宅でカタログ請求するときは一括請求にすると便利

注文住宅で失敗しないためには、依頼するハウスメーカーや工務店を慎重に選ぶ必要があります。注文住宅を検討中の方の中には、どこに依頼しても大差は

記事を読む

noimg
マイホーム購入に掛かる費用について抑えておこう

資金計画は、マイホームの購入において最も重要な要素です。マイホーム購入は一生に一度あるかないかの大きな買い物なので、しっかりと資金計画を立て

記事を読む