マイホーム

初めてのマイホームだけど、予算オーバーにならないための方法

マイホームを注文住宅で建てたいという方は非常に多いかと思いますが、注文住宅は自分たちの希望を取り入れやすいため、様々な希望を詰め込みがちです。
注文住宅を建てる際は入念な資金計画を立てる必要がありますが、希望を詰め込み過ぎた結果、予算を大幅にオーバーしてしまうというケースは非常に多く見られます。しかし、コストダウンのポイントを押さえておけば、予算オーバーを防ぐことは十分に可能です。

注文住宅のコストダウンを図る方法として最も有効なのは、延床面積を減らすことです。延床面積とは、住宅の各階の床面積の合計のことを指しますが、一般的に住宅メーカーでは建築費用を延床面積で算出しているため、延床面積を減らすことで大幅なコストカットが実現できます。
例えば、坪単価が60万円の住宅メーカーで延床面積が50坪の家を建てようとした場合、建築費用は約3000万円となりますが、延床面積を45坪にすると建築費用は約2700万円まで下がります。延床面積を削り過ぎると暮らしにくい家となってしまいますが、必要以上に広い家にしないことが重要です。

また、建物の形状や間取りをシンプルな設計にするのも効果的です。同じ延床面積の住宅でも、複雑な形状の家よりもシンプルな形状の家の方が、使用する建材を少なくすることができるとともに、スムーズに施工できるため人件費の削減にもつながります。加えて、シンプルな間取りにすると壁やドアの数を減らせるので、建材費を削減できます。
例えば、部屋をパーティションで仕切って使うことが問題ないのであれば、大きな空間を作って部屋数を減らすことでコスト削減を図ることが可能です。

さらに、収納スペースにできるだけまとめるとシンプルな間取りとなって、建築費を下げることができますし、キッチンやトイレ、お風呂などの水回りを集中して配置すると配管工事費を減らすことができます。
また、和室は洋室と比べて建材費が高く、工程も複雑なので必要のない和室を作らないのも選択肢の一つと言えるでしょう。
その他にも、エアコンや照明器具を自分で購入して設置することでも、コストダウンを図ることが可能です。

以上が注文住宅のコストを下げるポイントとなりますが、耐震性や防犯など安心して生活するために必要な部分のコストダウンは避けましょう。
加えて、安価な断熱材を使用すると夏に暑く冬に寒い家となってしまいますし、屋根や外壁をコストダウンすると雨漏りなどのリスクが高まって家の寿命を縮めてしまう恐れがあるため、これらの部分についてもコストダウンすべきではありません。
コストダウンを図るあまりに住みにくい家になってしまっては元も子もないので、暮らしやすい家をイメージしながらコストダウンを図っていきましょう。

関連記事
noimg
マイホームを購入する前に、どんな暮らしをしたいか具体的に考えてみよう

マイホームの計画を立て始めたものの、どのような家が良いのか迷ってしまう方は非常に多いかと思いますが、マイホーム計画を始める上で非常に重要とな

記事を読む

noimg
注文住宅で失敗した実例を紹介します。

注文住宅は、自分たちの希望を取り入れやすいのが最大の魅力ですが、建売住宅のように完成した家を見てから購入することができないため、完成後に後悔

記事を読む

noimg
マイホーム購入に掛かる費用について抑えておこう

資金計画は、マイホームの購入において最も重要な要素です。マイホーム購入は一生に一度あるかないかの大きな買い物なので、しっかりと資金計画を立て

記事を読む

noimg
建売住宅と注文住宅の違いは?どちらを選ぶのが正解か

一戸建て住宅は、大きく建売住宅と注文住宅の2種類に分けられます。 建売住宅とは、土地と建物がセットで売られているタイプの住宅です。一方の注

記事を読む

注文住宅
注文住宅で購入する時に注意しておきたい点

注文住宅は一生に一度の高額な買い物であるため、様々な点に注意しながら計画を進めていく必要があります。 特に重要となるのは依頼する住宅会社選

記事を読む

noimg
マイホームを購入したら確定申告の準備をしよう

住宅を購入した際に一定の条件を満たしていた場合、住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)と認定住宅新築等特別税額控除という税金が軽減される2つ

記事を読む

noimg
購入した注文住宅が欠陥だらけ!なんてことにならないためのチェック方法

夢のマイホームを注文住宅で建てたものの、実際に住み始めてみたら欠陥住宅だったというケースは決して珍しくありません。一生に一度の大きな買い物だ

記事を読む

家
注文住宅でカタログ請求するときは一括請求にすると便利

注文住宅で失敗しないためには、依頼するハウスメーカーや工務店を慎重に選ぶ必要があります。注文住宅を検討中の方の中には、どこに依頼しても大差は

記事を読む