マイホーム

建売住宅と注文住宅の違いは?どちらを選ぶのが正解か

一戸建て住宅は、大きく建売住宅と注文住宅の2種類に分けられます。
建売住宅とは、土地と建物がセットで売られているタイプの住宅です。一方の注文住宅とは、ハウスメーカーや工務店などに依頼して、元々所有している土地や新たに購入した土地に建てるタイプの住宅のことを指します。
これら2種類の住宅は特徴が異なるため、マイホーム計画を始める際はそれぞれの特徴を理解した上で、自分たちに合った方を選択することが重要です。
これらの違いとしては、費用や設計の自由度、入居までの時間などが挙げられます。
費用に関しては、同じような住宅の場合は建売住宅の方が注文住宅より割安になる傾向があります。建売住宅は、まとまった土地を複数の区画に分けて、同じような仕様の住宅を一気に建てることが多いため、資材の調達や人件費などを安く抑えることができるためです。加えて、土地と建物の価格がセットで提示されているので資金計画を立てるのが容易で、住宅ローンについても土地と建物の合計額を一度に借入することが可能です。

また、設計の自由度は、圧倒的に注文住宅の方が優れています。注文住宅は、設計から行うことになるため、選択できる工法や仕様が幅広いのが特徴です。予算や法律の許す限り自由な間取りやデザインを追求できるため、世界に一つだけのマイホームを手に入れることができます。
一方の建売住宅の場合、建物が未完成の場合でも既に仕様が決まっているため、間取りやデザインなどを変更することはできません。そのため、自分たちの希望に合った家を探す必要があり、ある程度の妥協は覚悟しておく必要があります。
加えて、断熱性や耐震性などが優れた高性能な建売住宅は非常に少ない点はデメリットとなるでしょう。

入居までの時間に関しては、建売住宅の方が短いです。建物が完成済みであれば、契約して即入居するのも不可能ではありませんが、注文住宅の場合は家づくりにこだわればこだわるほど、入居までに時間がかかることになります。
その他にも、建売住宅の場合は、建物が完成していれば契約前に内見ができるため、自分たちが生活するイメージを掴みやすいという特徴がありますが、完成するまで実物の建物を見ることができない注文住宅は完成後のイメージを描きにくいというデメリットがあります。

2種類の一戸建て住宅には上記のような違いがありますが、基本的に時間や手間をかけずにマイホームを購入したい方や、すぐに入居したい方は建売住宅がおすすめです。一方で、こだわりの家づくりをしたい方や、既に土地を所有している方は注文住宅を選択すると良いでしょう。

関連記事
注文住宅
注文住宅で購入する時に注意しておきたい点

注文住宅は一生に一度の高額な買い物であるため、様々な点に注意しながら計画を進めていく必要があります。 特に重要となるのは依頼する住宅会社選

記事を読む

家
注文住宅でカタログ請求するときは一括請求にすると便利

注文住宅で失敗しないためには、依頼するハウスメーカーや工務店を慎重に選ぶ必要があります。注文住宅を検討中の方の中には、どこに依頼しても大差は

記事を読む

noimg
購入した注文住宅が欠陥だらけ!なんてことにならないためのチェック方法

夢のマイホームを注文住宅で建てたものの、実際に住み始めてみたら欠陥住宅だったというケースは決して珍しくありません。一生に一度の大きな買い物だ

記事を読む

noimg
マイホーム購入に掛かる費用について抑えておこう

資金計画は、マイホームの購入において最も重要な要素です。マイホーム購入は一生に一度あるかないかの大きな買い物なので、しっかりと資金計画を立て

記事を読む

noimg
マイホームを購入する前に、どんな暮らしをしたいか具体的に考えてみよう

マイホームの計画を立て始めたものの、どのような家が良いのか迷ってしまう方は非常に多いかと思いますが、マイホーム計画を始める上で非常に重要とな

記事を読む

noimg
注文住宅で失敗した実例を紹介します。

注文住宅は、自分たちの希望を取り入れやすいのが最大の魅力ですが、建売住宅のように完成した家を見てから購入することができないため、完成後に後悔

記事を読む